のれんは新たな空間作りに役立つアイテム

のれんの歴史は非常に古く、その発祥は室町時代であると言われています。

現在では飲食店の店先で使用されることが一般的ですが、もともとは各室内の仕切りという役割を担っていたものです。

室町時代から江戸時代までの室内は大広間になっており、この広間を仕切るために天井からのれんを吊るしていたという訳です。

つまり、境界線を作り出すアイテムであると言えるでしょう。
この使い方は現代の一般家庭や事業所・または飲食店等でもおこなえます。

一般家庭であればリビングの設置をして別世界を新たに設けて、テレワーク専用の空間を作れることでしょう。
事業所や飲食店であれば、従業員の控え室と応接室を隔てることができます。

のれんで境界線をつくる

飲食店なら客席の1つ1つを別世界にして、違った演出の別世界を作ることも可能です。

のれんは長さ50cmの短いものから、1m以上の長い製品まであります。
境界線を生むことに重きを置く場合は、1mのロングサイズの品が最適なものです。

身近過ぎると境界線を隔てる役割をせず、別空間を作り出すには物足りません。
また薄手の生地ではなく麻生地で藍色等の濃い色の製品を用いると、しっかりと境界を生む役割を担ってくれます。

のれんで興味をそそる演出をしよう!

のれんは一般的に、外と内の世界を隔てる境界という役割を担っているアイテムです。
外から中が見えないようにする効果があり、この見えないという現象を人間は経験すると「見てみたい」という欲求を無意識に感じる傾向があります。

一種の心理効果と言えるもので、子供から大人までがこの欲求に討ち勝つのは至難の業と言っても過言ではありません。
この人間の心理をうまく利用して、商いの集客効果に生かすことも可能です。

たとえば雑貨店であれば通常は表通りから店内が良く見えるようにした方が、人目について客が来店しやすいと思うことでしょう。

ところが見えやすいという事は、外からでも店内の商品を目に出来て入店しなくても良いということでもあります。
集客の基本は如何にして客を店内に迎え入れるかに掛かっており、外から店内の様子がわからなければ無性に興味を抱くものです。

のれんの活用術

そこで長さ1m以上ののれんを店先に設け、外から内部を見えないようにしてみましょう。
多くの方が興味をそそる演出に引き込まれ、自然と店内に足を踏み入れること間違いなしです。

のれんは世界と世界を隔てるアイテムであり、違う世界を覗き見たいという人間の心理に働きかけられるものになっています。

激安のれんでお店の空間を仕切りましょう!

コストを抑えることは可能である

銭湯やトイレ、店頭など商業施設や公共施設で目にする機会が
多いのれんはこだわらなければ激安な代物です。

例えば大手の通販ショップで用意されている室内用ののれんの
相場は1000円から4000円ほどで、はっきり言ってオーダーメイドの
のれんよりもコストを抑えられます。

どうしてオーダメイドは高いのか、その理由はひとえに
オーダーメイドならではの事情が大きいです。

大量生産された品と違って倍の企画費と材料費、人件費がかかります。

コストを抑える

実際に通販ショップにあるのれんではポリエステル100パーセントと
いった安上がりな品が多いですが、注文すればエステル麻やトロマット
など様々な素材やサイズを選ぶことが可能です。

激安にこだわる場合はオーダーメイドしなくても良いですが、
店舗の雰囲気に合った品はそう簡単には見つかりません。

付け加えるならのれんを使用する店舗は大抵、火を扱う飲食店や
ガソリンスタンドが多いので、安全面のために防炎加工を施す
ことが望ましいです。

そうなってしまうと価格は1万円前後が最低であるものの、素材に
よってはサイズを小さくしても2万円からスタートする品があるので
まだ安いと言えます。

逆に言えば、コントロールは可能というわけです。

 

仕切りだけでなく、店舗に都合が良いことが多い

ドアや衝立のかわりにかけられているのれんを「仕切りのれん」と
呼びますが、こののれんのメリットは圧迫感を与えずに空間を
仕切ることに尽きます。

店舗はあらゆる面で注意しなければならないポイントがあるものの、
そのうちの1つが内装デザインです。

内装デザインの色や照明で店のイメージは決まり、客が常連に
なるかどうかが決まります。

例えばアットホームな雰囲気の店なら通いやすいですが、
小汚い店であれば、たとえ高級食材を用いていたとしても
足を運びたいとは思えないです。

仕切りに使う

しかし客の立場を考慮し過ぎて、スタッフが動きにくい
空間にしてもいけません。

特に空間と空間との仕切りは大事ではあるものの、ドアをいちいち
閉めていては移動の邪魔となりますが、こうした問題を解決する
手段にのれんが挙げられます。

のれんであればデザインやサイズを調整しやすく、素材によって
風通しの良い品にもなる上、体を潜らせるだけで移動が可能です。

もちろん店舗によってはふさわしくないかもしれませんが、
現在は北欧風のデザインなど多種多様な場所に合う品が多いので
一考する価値はあります。

もしくはオーダーメイドの業者に相談するのもありです。