のれんでエコ生活をしませんか

日本ならではのアイテムであるのれん、ラーメン屋さんや居酒屋さんの店先に掛けられているのは看板としての役割が強いですがそれだけではありません。

のれんがあることで寒気を防ぐ、めくって入ってくる一か所のみ・人が通る幅だけが開けられるのでありそれ以外は閉じられたままなのですから温かい空気が出ていったり、逆に冷たい風が入り込む心配もないのです。

のれんをめくる

夏だった冷房で冷やされた空気を無駄に外に出してしまって温かい空気を入れることも無し、室内の温度を変化させないのでエコに繋がります。

お店でなくともぜひのれんを使ってみてください。

部屋ごとにも温度差はどうしても出来るもの、ちょうど良い温度のリビングをそのまま快適に保ちましょう。

ちょうど良い目隠しにもなるので、来客に片付いていない部屋や一部の場所を見られる心配だってありません。

わざわざ綺麗にする時間もエコできて、様々なデザインやカラーがあるのでインテリアのアクセントにもなってくれます。

大昔から使われてきたのれんは、現代においても日本人の生活にピッタリの万能アイテムなのです。

探せば、インターネットでも素敵なのれんを選ぶことが出来ることでしょう。

のれんの設置場所の注意点

様々な場面で活用すれば良いのですが、くれぐれも安全に活用することです。

その為に重要となるのが暖房器具との位置関係です。下がいくつもに別れたその形状、人が動かすだけでなくちょっとした風でもひらひらと舞います。離して置いているつもりでも、いつ暖房器具と接触して火事へと繋がらないとも限りません。

軽いので誰かが当たってのれんそのものを落としてしまうこともあり、カーテン以上に広範囲に渡って暖房禁止区域があると思っておいた方が良さそうです。

特に猫などのペットがいるお宅だと危険です。そもそも、ひらひらと揺れるその姿は猫にとって魅力的でおもちゃにして引っ張ってそのまま引きずっていかないとも限りません。

夏場も扇風機と絡まってしまっても困りますし、設置場所はもちろんたなびく長さ分くらいの位置には危険なものは何も置かないようにしておくべきなのです。

のれんの安全

どこにでも設置できてインテリアの手助けもしてくれるのれんですが、相性の悪い製品がいくつかあるので気に掛けておいてください。

もしも家が燃えて寒い冬に・熱い夏に放り出されてしまったら、大変なことになってしまいます。注意を怠ると何が起こるか分からないので、安全面には充分に配慮しましょう。

のれんは新たな空間作りに役立つアイテム

のれんの歴史は非常に古く、その発祥は室町時代であると言われています。

現在では飲食店の店先で使用されることが一般的ですが、もともとは各室内の仕切りという役割を担っていたものです。

室町時代から江戸時代までの室内は大広間になっており、この広間を仕切るために天井からのれんを吊るしていたという訳です。

つまり、境界線を作り出すアイテムであると言えるでしょう。
この使い方は現代の一般家庭や事業所・または飲食店等でもおこなえます。

一般家庭であればリビングの設置をして別世界を新たに設けて、テレワーク専用の空間を作れることでしょう。
事業所や飲食店であれば、従業員の控え室と応接室を隔てることができます。

のれんで境界線をつくる

飲食店なら客席の1つ1つを別世界にして、違った演出の別世界を作ることも可能です。

のれんは長さ50cmの短いものから、1m以上の長い製品まであります。
境界線を生むことに重きを置く場合は、1mのロングサイズの品が最適なものです。

身近過ぎると境界線を隔てる役割をせず、別空間を作り出すには物足りません。
また薄手の生地ではなく麻生地で藍色等の濃い色の製品を用いると、しっかりと境界を生む役割を担ってくれます。

のれんで興味をそそる演出をしよう!

のれんは一般的に、外と内の世界を隔てる境界という役割を担っているアイテムです。
外から中が見えないようにする効果があり、この見えないという現象を人間は経験すると「見てみたい」という欲求を無意識に感じる傾向があります。

一種の心理効果と言えるもので、子供から大人までがこの欲求に討ち勝つのは至難の業と言っても過言ではありません。
この人間の心理をうまく利用して、商いの集客効果に生かすことも可能です。

たとえば雑貨店であれば通常は表通りから店内が良く見えるようにした方が、人目について客が来店しやすいと思うことでしょう。

ところが見えやすいという事は、外からでも店内の商品を目に出来て入店しなくても良いということでもあります。
集客の基本は如何にして客を店内に迎え入れるかに掛かっており、外から店内の様子がわからなければ無性に興味を抱くものです。

のれんの活用術

そこで長さ1m以上ののれんを店先に設け、外から内部を見えないようにしてみましょう。
多くの方が興味をそそる演出に引き込まれ、自然と店内に足を踏み入れること間違いなしです。

のれんは世界と世界を隔てるアイテムであり、違う世界を覗き見たいという人間の心理に働きかけられるものになっています。

伝統手法の本染めでのれん制作|印刷とはどう違う?

のれんなどによく使われる染め方の一つに本染めがありますが、
これは他にも幕や手拭いなどの染物を作る手法の一つです。
これ以外にも、印刷やインクジェットなどの手法もあります。

違うことは、糸そのものを染料で染めて色を表現する本染めに対し
印刷やインクジェットは、生地の表面にインクを固定し
模様や文字を描きます。

違い

本染めで模様や文字を描くには、もち米から作った糊で
染める箇所と染めない箇所を分けます。

この染め方だと、独特の仕上がりと高級感があります。
印刷と違い色が裏まで綺麗に出て、テカリもなく深みがある発色が特徴で
機械的でない風合いのある線と自然な色での深い味わいが出てきます。

生地は表面に凹凸がある木綿や手織り麻、正絹は染められますが
化学繊維は染めることが出来ません。

印刷だと化学繊維や表面が平らな木綿に出来ます。
見た目は落ち着いた感じで自然で景色と一体化しやすく、
印刷は浮いた感じで看板のような仕上がりです。

何といっても裏表のない染め方が出来ることで、基本的に人の手でします。
プロが染めるので仕上がりはとても素敵なものになり、
機械だと片面か片面プリントになります。

職人の手で行うと布表面以外に、裏もきちんと染まるので
どちらから見ても色合いが良くなります。

裏も染まる

実は表裏から見ても、素晴らしい印象に染めるには難しいです。
さらに肌触りも良いので肌に触れるものにも適しています。

独特の色合いがありカラーバリエーションも多く、色々な植物を
原料にしているので、深みがあって温かい色あいになり
懐かしさも感じられます。

低コスト・短納期・高パフォーマンス!イベント用暖簾

イベント用ののれんは、看板などを作るよりコストを抑えられるのが魅力です。

コストを抑えられる最大の理由は生地にあり、一般的に使用されるのはテトロントロピカルです。

安価な生地

テトロントロピカルは帆布などに比べると生地は薄くなっていますが、
その分価格は激安なのでコストを抑えることができます。

また、生地が薄いので、大量に製作しイベント会場に持ち込みをしても
軽いので運搬時に苦労することがありません。

注文から完成までの時間もテトロントロピカルなら短く
短納期で仕上げることが可能です。

大量に注文しても、帆布などに比べると短期間で完成させることが
できるので、イベントまでの時間が短いときにも対応できます。

コストが安く短納期で製作できても、イベント会場で目立たなければ
期待ほどの宣伝効果はありません。

しかしテトロントロピカルはフルカラー印刷に対応しており
また光沢感もある目立つ素材です。

デザインの再現度も高く色持ちも良いので、短期間の使用を前提とする
イベント用のれんにはピッタリの素材とされています。

低コストでありながら、高いPR効果を期待できるパフォーマンスの良さも
魅力的なので、イベント会場で効果的に宣伝をしたいなら
のれんがおすすめです。

イベント用暖簾を作るのがオススメの人

イベント用ののれんは、基本的に短期間のみの使用を前提として
製作されています。

そのため低コスト・短期間で作れる一方、長期間の使用には向いていません。

ですからおすすめする人は、見本市や百貨店の催事場などで
開催される物産展に出展する人々です。

見本市や物産展のブース前に設置しておけば、通り過ぎる人々の
目に入り、立ち寄ってくれる可能性も高まります。

立ち寄る

また防炎加工されている生地を使用しているなら、近くで火を使っても構いません。

例えばブースの前で調理をしてアピールする場合も、防炎加工されている生地なら
燃え移る可能性は低く安心できるでしょう。

お祭りや花火大会の屋台なども、生地に気を遣えば最適な使い道になります。

イベント用とされていますが、一般的な飲食店や店舗で使用するのもおすすめです。

飲食店やコンビニでは、季節の食材を使ったメニューや商品を
期間限定で販売しています。

また一定の期間だけ開催されるキャンペーンを、店舗の前を通る人々に
アピールしたいときもあるでしょう。

イベント用のれんは耐久性が低い反面、低価格・高パフォーマンスの
メリットがあるので、期間限定のメニューやイベントのアピールを
したいときには、最適な販促ツールになります。

演者のモチベーションを高める「楽屋暖簾」

楽屋のれんは歌舞伎役者・舞台俳優・日本舞踊などには
欠かせないものとなっています。

その多くは役者さんにファンの方より贈り物として
製作されたものが多いのです。

贈り物として

楽屋のれんは一般の人が目にする機会はあまりないのですが、
舞台に立つ人にとっては、そののれんは仕事に対しての
切り替えをしてくれる大きな存在となっています。

そのため、大好きな役者さんの大切なイベントや舞台に
その人を象徴するような家紋であったりマークなどを入れて
贈ることが多いです。

役者や演者の名前をいれたのれんは、舞台に立つ人の気持ちの
モチベーションをあげるものともなることで、市販品ではなく
まさに特別に、その人やグループに贈るものというものになります。

その人のイメージを大切にし、名前や文字の配置やデザインや色、
使う生地の1つ1つに丁寧に対応して、高級感のあるものが喜ばれているのです。

贈る人の気持ちや心意気があらわれた暖簾は、それをくぐる度に
新たな意欲をもたせたり、舞台を全力でやりきって楽屋に入る時には
労わりと癒しの気持ちがそこに込められたものとなってくるのです。

製作された過程や依頼された方の思いが形となっているものを
見ることでモチベーションを高めることはいうまでもありません。

楽屋暖簾のデザインの定番

楽屋暖簾は、舞台と楽屋を隔てる結界の役割を持つと言われている
とても大切なものとなります。

一般的に目に触れることが少ないその暖簾は、歌舞伎や舞台や
日本舞踊などをする人たちには以前から馴染みのものとなっています。

そのデザインの定番と言われているのは、贈る相手の人の名前を
右上に大きめに入れて、送り主の名前を左下に少し小さめに入れるものが多かったです。

その時の送り主の名前には個人名をいれないのが一般的でした。

今では、個人の人に贈るだけでなく、グループや団体に
高級感のある暖簾を贈るということもあります。

デザインは、以前から多かった家紋などをモチーフにしたものが
定番となっていましたが、現在ではいろいろなものがあり
その人の好みの色合いを使い、柄も可愛らしいものや
モダンな感じのものなどがあります。

幅広いデザイン

文字にしても、これまでの平仮名や漢字だけのものではなく
アルファベットや数字などを取り入れたものがあります。

使われる生地もいろいろなものがあり、注文をしてから
出来上がるまでの期間も通常で7日程度でできあがり、
特に急ぐ場合には3日程度に対応してくれます。

ファンの気持ちが形となって、演者の応援をすることで
お互いの気持ちが1つになれるものとなるのです。

オシャレな珠暖簾の起源は算盤(そろばん)!?

のれんの歴史というのはかれこれ800年以上の歴史があるといわれ、
歴史上の貴重な文献で初めて登場したのは平安時代末期のことになります。

のれんを作るなら、サイズを決める必要があり

1135年から40年頃の作品といわれる「信貴山縁起絵巻」に登場し、
今でも巷でよく見かける三垂れの半暖簾を庶民が使用している様子が描かれています。

今回取り上げる珠暖簾は意外と歴史が浅く、昭和初期に誕生した
のれんであるといわれています。

木で作られたたくさんの玉をぶら下げた暖簾は、小さい玉から大きい玉まで
様々な木製の玉を使って模様を細かく表現することができます。

その起源と言われているのが、兵庫県小野市にて算盤を
製作していたことから広まったとされているのです。

昔ながらの珠暖簾は着色されておらず、木の自然な色を使った物が
多かったのですが、最近では人工的に着色されたカラフルでお洒落な珠暖簾が
巷に多く出回るようになりました。

長さを短くしたり、真ん中だけアーチ状にすることで、人が出入り
しやすいようにしたりと、オーダー次第で自由自在にデザインすることが
出来るのが特徴です。

珠暖簾は、夏場に風が吹くとジャラジャラと木と木が触れ合う音を
鳴らすことから、夏の風物詩として知られているのです。

珠暖簾のアレンジ例

珠暖簾は、昔ながらのものは木製の自然の木の色を使ったものが
一般的でしたが、最近では様々なアレンジが加えられて多様化しています。

最近では、着色したものや絵や柄を表現しているものも多いです。

また、プラスチック製の安価な珠暖簾が登場し、雑貨屋などで
お手頃価格で購入することが出来ることから、中高生の間でも人気が高いです。

ビーズを使った珠暖簾は、光の当たり具合によってキラキラと
反射することから、若い女性たちに人気があります。

値段も1000円以内で購入することが出来るものが、雑貨屋や
ファンシーショップなどで販売されており、手軽に購入することが
出来るようになりました。

京都の老舗料理店では、乾燥させたひょうたんを使用した
珍しいのれんが置いてあると有名です。

こういった少し違ったアレンジの効いた暖簾が欲しい場合には、
専門店などでオーダーすることでオリジナルの珠暖簾を
購入することが出来る様になっています。

専門店でオーダー

時代がかわっても暖簾に対する需要は一向になくなりません。
日本の狭い空間を仕切る役割として広く用いられていたり、
また、装飾品としての役割を果たしていることから、
珠暖簾などに代表される暖簾は、日本人の生活と密接に結びついています。

お風呂には必須「湯暖簾」のススメ

お風呂に「湯暖簾」をおススメする理由には、間切りとしての
役割を持たせることができるからです。

多くの方が裸でいることが多い空間であるため、
奥が見えてしまうのを防ぐ目隠しをすることは大切になります。

また大衆浴場や温泉、スーパー銭湯などでは男湯と女湯とを
識別する目印としても、のれんは重要なものになります。

識別する

実際によくオーダーされるのれんの種類には、ベースとなる生地に
白抜き文字を利用することで、多くの人にも気が付きやすく
解りやすい加工を施すことも多いです。

他にもおススメされる理由には、中の蒸気や暖かさを
外に逃がさない効果を得ることが可能な点もあります。

熱いお風呂から上がって、いきなり寒い場所に行くと
血圧の問題で体調を崩す恐れが存在します。

のれんを掲げておくことで、中の蒸気や暖かさを逃がすことなく
一定の温度を保つことができる場合もあります。

実際には奥が覗けないような透けない生地であれば、かなりの厚手の
生地になりますので、その効果までも得ることが可能です。

しかも防炎加工を施しておけば、火器を使用して誤って火災が
発生した時でも、燃え広がる原因になる恐れもない点もあります。

以前は薪などでお湯を沸かして、それが火災の一因にもなっており
それを防ぐことも可能です。

安全対策

湯暖簾には透けない生地がうってつけ

湯暖簾を掲げる大きな目的の一つには、奥が外からでも
覗かれないような目隠しを行うことです。

大抵の温浴施設では入り口付近にそれを掲げておくことも多く、
着替え室の間の仕切りとして活用します。

着替え室は入浴する方が裸でいる空間になるため、それを覗かれないように
する対策は必要不可欠になります。

もちろん温浴施設がのれんをオーダーしたい場合は、透けない生地が
最適になり、そのためにはある程度の厚さを持った生地が重要です。

のれんをオーダーする上では、まずは白抜き文字などの生地のデザインが
カギを握ることも多く、他にも防炎加工の処理を施すかがポイントになります。

もっとも厚手があると当然、奥は覗かれにくいですが、着替え室の暖かさを
一定の温度に維持することも可能です。

それと掲げる場所の大きさも必要で、一般的には150~180cmまでの
縦長の大きさにする必要とします。

特に多くの人が集まるホテル・旅館・銭湯・温泉などで必須のアイテムになります。

場所に最適なように、各施設がデザインにこだわったものを
オーダーされることが多いです。

おススメされる綿生地に関しては、人気が高いのがシャークスキンであり
厚さもそこそこありながら、デザイン性とコストパフォーマンスに
優れているからです。

他にも厚手の存在するカツラギなども支持されています。
質感を確かめた上で最善の生地を選びましょう。