美しいグラフィックを実現できます

暖簾を製作するにおいて欠かせない染色ですが、従来本染めや
染め抜きなどと言われてる染色が一般的でした。

本物志向のクライアントはこのような手法を依頼する人が多いですが、
近年プリント技術などの向上によって、インクジェットプリント(昇華転写)などによる
暖簾の制作が可能になっています。

これはプリンターを使って、グラフィックなどに対応したフルカラー印刷に対応することが可能です。

のれんをフルカラーで印刷

細かい繊細なデザインを実現することができたり、昇華転写技術を使って
たくさんの色を使うことができます。

さまざまなデザインソフトを使うことができ、クライアントの完全データで
製作することが可能です。その分コストを抑えることができ、
リーズナブルな価格で注文することができるでしょう。

様々な生地に対応していて、撥水や防炎などが洗濯した後でも
取れない生地を活用しています。

天然繊維が良いというクライアントに対しても、本染めで行うことが可能です。

本染めは耐光がそれほど強くないので、強いものがほしいと依頼されると
顔料を使って全面プリントすることができます。

暖簾を作成するのに昔からある技術を応用しながら、最新技術も施すことが可能です。

職人のこだわりを実感できます

暖簾の制作に携わってる職人は、一つひとつの作業に想いを込めながら作成しています。

熟練の職人とはいえ素材に対して自然のものを扱うので、
ある程度気候の影響などを受けたり、技術的な限界も発生するかもしれません。

もっと美しくするにはどうすればよいのかという、職人のこだわりや
クライアントへの思いに対して、昇華転写という技術を提供することが可能です。

クライアントの要望を汲み取って、職人とコミュニケーションを図ることによって
理想の暖簾を作成することができます。

理想ののれんを作成

製作したり販売いているものはすべて日本製になっており、
日本において伝統工芸に携わる職人の考え方や仕事の仕方などを
感じることができるでしょう。

伝統的な技術を取り入れながら、新しい技術も積極的に取り入れています。

コーポレートカラーを鮮やかに表現可能になっていて、
クライアントが希望したデザインや色合いをそのまま表現することが可能です。

出来上がったものには品質表示マークを付けており、日本の職人の技術を体験することができます。

さまざまな生地に対応することができ、天然素材からポリエステル素材など多種多様です。
デザインなどで作成できるものとできないものがあるので、暖簾のデザインを準備した際気軽に相談することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)